蓄膿症対策で使っているものと効果を検証

リュウです。

今日の用事は何もないのですが、明日は娘の運動会のため色々準備。

今日は、若干備忘録的な要素もありますが「蓄膿症で試したものの効果」を整理。

●もくじ
1 蓄膿症との付き合い
2 使ってみたものと効果
(1)チクナイン
(2)なた豆茶
(3)抗生物質(いわゆるマクロライド療法)
(4)鼻うがい
(5)馬油の点鼻

1 蓄膿症との付き合い

蓄膿症との付き合いは3年くらい。
元々アレルギー体質なので、鼻づまりなどあったのですが、風邪を引いた時に病院へ行ったら蓄膿症の診断。

蓄膿症は、風邪などで鼻の奥に菌が残り、膿が出る症状。
酷い症状だと痰がたくさん出るからか、お腹の調子も悪くなります。

自分の場合はそこまで酷くないものの、昨年12月にも蓄膿症の影響で生じた鼻ポリープをとっています。

蓄膿症は完治しづらい病気で、長期的に対応していく必要があります。

効果がありそうだと聞いているものを色々と試してみたものの、効果がはっきりしない(効果なし?)ものもあったため、使ってみたものの効果を整理しました。

私が自身でやってみた結果(通販でいう所の「個人の感想です」といったところ)です。
一応、チクナイン以外(これは商品名を出さないと表現できないので)は特定のものを紹介しません。

アフィリエイトや画像を載せないので、薬事法関連でアウトな要素は少ないと思いますが、なんか言われたら消します。

2 使ってみたものと効果

(1)チクナイン ▲効果不明(効果なし?)
①内容
チクナインは、蓄膿症・鼻づまりを改善する内服薬です。10種類の生薬からなる漢方「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで鼻の奥の炎症を鎮め、つらい症状を楽にします。(公式から引用)

②効果
2ヶ月以上飲んでみたのですが、自分には効きませんでした。
「一定期間やって効果がなければ病院へ」という記載もあったので、以降は飲んでません。

(2)なた豆茶 ▲効果不明(効果なし?)
①内容
「膿み出し茶」ともいわれる、なた豆茶。
蓄「膿」症にも効果があるといわれています。

②効果
これも3ヶ月間飲み続けたものの、そこまで強い効果を感じませんでした。

ただ、飲みやすいしドラッグストアで安く扱っている程度の手軽さなので、合わせ技で使ってもいいかも。

(3)抗生物質(いわゆるマクロライド療法) △効果はあるが改善には至らず

上述2つで解決しなかったので病院に行って対応。
風邪から2ヵ月後、蓄膿症の対策として行って見ました。

①内容
低容量の抗生物質を長期間飲みつづける治療法のようです。
診断次第ですが点鼻する抗生物質もあります。

②効果
若干おさまったように思います。(ただし、併発した風邪の悪化が止まった程度)
悪くならない程度で大きく改善した感じはありませんでした。

4ヶ月続けたものの、抗生物質を延々と飲みつづけることに抵抗があったので、改善が見込めないと判断した時点で断念。

(4)鼻うがい ○改善されている?

①内容
鼻ポリープを取った時に、お医者さんに勧められました。
鼻が清潔な状態になることで、症状を軽くすることはできそうです。

鼻うがいの道具を使って、生理食塩水を鼻から入れる。
少し上を向きながら鼻でうがいをする感じで、生理食塩水を出します。

②効果
昨年の12月からなので10ヶ月くらい続けています。
鼻がスッキリした感じになります。
鼻を清潔な状態にしているからか、蓄膿症のダメージが減っている感じはします。

(5)馬油の点鼻 ○改善されている?
いくつかのブログで、馬油の点鼻が効果があるという話を聞き試してみました。

①内容
やけどの治療や保湿で使われる馬油。

ここでは商品を紹介しませんが点鼻可能なものもあります。

②効果
2週間ほど続けています。
あくまで自分の感覚として、鼻のとおりが良くなった気がします。

使う場合は、アレルギーを確認したうえで。

●まとめ
蓄膿症は長期戦、重い症状で10年以上戦っている人もいます。

あんまり詳しく書くと、商品名を出さないといけないものもあるので簡易な内容にしましたが、少しでも蓄膿症の方の状況が良くなると幸いです。
 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました