ファイナンシャル・プランニング

ファイナンシャル・プランニング

子ども手当の支給廃止条件を整理する

2020年12月頃、高所得世帯に対し「子ども手当の支給廃止」をするニュースが流れました。 現在の子ども手当の精度には、中学校卒業までの児童に対し、一定所得未満の対象者に、 3歳未満 月15,000円 3歳以上 月10,000...
ファイナンシャル・プランニング

「若いうちにお金を使え」に感じる違和感

「若いうちにお金を使え」 時々、このようなセリフをTwitterのコメントで見かけることがあります。こういうセリフに半分共感すると同時に、半分の疑問を抱きます。 これは、若いうちの収入にも個人差が大きくあり、個々のキャッシュフ...
ファイナンシャル・プランニング

「付加年金」と「国民年金基金」を深掘りしてみる

国民年金について前回は書きましたが、今回は国民年金制度を拡張する、「付加年金(付加保険料)」のと「国民年金基金」について考えてみることにしました。 これらは、「会社員等の方との年金額の差を解消するために創設された公的な年金制...
ファイナンシャル・プランニング

日本の国民年金は悪い制度か?の考察

時々、政府批判などで使われる年金や国保制度。実は、突き詰めるとそこまで悪い制度ではありません。 「制度がなくなってしまう不安」ならまだしも、「悪法だ」とか、「税金以外にもこんなにとるのか。」と批判するのはお門違いに思います。 ...
ファイナンシャル・プランニング

我が子に大学入学時に1000万円を手渡すために必要な積立額

子育て資金について前回考えてきましたが、今回は、「実際にどの程度の積み立てと運用をすることでその額に届くか」を検証してみたいと思います。 後に書きましたが、目標は18歳(高校卒業時)に1000万円。 一見多く見えますが、ある程...
ファイナンシャル・プランニング

子育て費用を調べる

昨日はFIRE、今日は子育て資金についてです。 今後を見据えて、どれくらい支出があるかを整理しておくため、比較的コストの重い子育て費用を調べてみました。 親は子のために命を張って稼いでいます。 AIUの資料の話 子...
ファイナンシャル・プランニング

FIRE可能な世帯はどれくらい存在するか

昨年、コロナウイルス感染症で自宅待機をする人が増え、それに合わせて株式投資をする方が増えました。あわせて「FIRE」という言葉を使う人が増えたと思います。 そこで、日本でFIREが可能なレベルの金融資産を持つ方が現在どの程度いるかを...
ファイナンシャル・プランニング

サラリーマンが投資のための種銭を安定して得る「節約」

我々サラリーマンがFIREを目指すために、殆どの場合は、毎月の給与から資金を育てる必要があります。 一般にFIREで例えられる運用益は年4%。 年400万円の支出を目指すならば1億円、年600万円なら1.5億円の原資が必要にな...
ファイナンシャル・プランニング

iDeCo(確定拠出年金)の銘柄検討

先に、「アフィリエイトリンクはありません。」とだけ。 この手の記事は口座開設、iDeCo口座設定などのアフィリエイトが多いので、偏った情報になる傾向があるためです。 先週、インデックスファンドについての記事を書きました。 ...
ファイナンシャル・プランニング

インデックスファンドについて考えてみる

インデックス投資をしていれば自然と資産は増える。株式投資をしていれば、一回は聞く言葉だと思います。 安定した投資法として現在ではしっかりと定着したインデックスファンド。 個人的には個別銘柄投資にこだわってきたのですが、せめて老...
タイトルとURLをコピーしました